東京組のネットゼロエネルギー住宅

住宅が密集している地域でいかに快適に暮らすかは、住宅メーカーにとっても大きな課題となっています。全ての顧客が満足するような住宅を提供したいと思っている東京組も、快適性を追求してきたそうです。東京組では販売している住宅の断熱性を高め、効率の良い冷暖房や換気などを提案してきました。太陽光発電を中心に、電力をつくるための機器を組み合わせて提供するZEH(ネットゼロエネルギー住宅)も追求した快適性の1つといえるのではないでしょうか。夏は涼しく、冬は暖かい住宅を求めている人は多いです。そのために東京組では、様々なシステムなどを駆使して、エネルギー消費量を削減できる住宅を販売しているそうです。東京都内で住宅を提供するときに、断熱性能は欠かすことができなくなっています。特に夏は暑いため、新築の商品の外皮性能が優先されているそうです。

東京組では都内に特化して住宅を提供しています。都内で住宅を建てる場合、敷地が限られているため、太陽光発電システムのパネルを設置できない家もあるでしょう。だからこそ設備の充実を図るだけでなく、いかに断熱性を高めて快適な住宅を提供できるかを考えて、企業努力を続けてきたといいます。東京組はオリジナルの建材を使って住宅を施工していますが、木製サッシなどを標準で装備させながら、エネルギー消費量を徹底的に削減し、太陽光発電などによる発電量の方が上回るような住宅を販売し続けているのだそうです。

東京組は、最初からエコ住宅に必要な設備を充実させて終わり、という考えではありません。東京組で考えることができる住宅を提供するために、断熱、冷暖房、換気、給湯から家づくりを考えています。その結果出た答えを最大限に活かし、太陽光発電など創電機器を組み合わせることで、さらに効果的で快適な生活を送れる住宅を顧客に販売できるようになります。これが、東京組が推奨しているZEH(ネットゼロエネルギー住宅)の考え方です。

東京組が住宅を提供している東京都内では、少ない土地を利用して住宅を建てたいと思っている人が非常に多いです。地方の広大な土地に大きな住宅を建てるのとはわけが違います。東京都内は狭小敷地が多い特徴があります。これを欠点と捉えるのではなく、メリットだと考えて、狭い土地でも快適に生活することができる住宅を提供するために、東京組では社員が一丸となって開発を続けているそうです。東京組は最初からエコ住宅に必要な設備にばかり頼るのではなく、屋根、外壁、窓、基礎、換気にこだわることから意識をしているといいます。それにプラスして、太陽光パネルを設置したZEH住宅などを提案していくのだそうです。

建築士と提携している東京組

1993年に設立された東京組は、東京都内を中心に木造住宅やRCの戸建住宅の設計・施工などを手がけている住宅メーカーです。都内を中心に活動している建築家と提携しながら、顧客から求められるデザイン住宅を提供してきたといいます。現在までの施工実績は、4,500棟以上の完工棟数と公表されています。東京組の事業で興味深いのが、外部の建築家と連携をしながら住宅の商品を販売する事業を展開しているということです。多くの建築家と提携しているため、デザイン力だけでなく住みやすさもこだわった住宅を提案することができるのだそうです。

基本的に住宅メーカーは、自社で専属の建築士を採用してデザインや設計をさせます。しかし東京組では、主に東京都内にいる外部の建築家と連携をしながら、様々なデザインの家づくりを提案していく体制を敷いているそうです。顧客からの要望に対して臨機応変に応えるために、多くの建築家と提携しているスタイルは顧客からの評判も良いそうです。。顧客からの要望が100通りあるのであれば、様々な建築家が型にはまらない柔軟な考え方を形にしながら、100通りの住宅が提供できるといいます。

東京組のTwitter

最初からデザインされているものや形になっているものを提供するのではなく、提携している建築家やスタッフが、顧客の要望を丁寧に聞き取り、形にしていく住宅づくりによって、より理想を追求した住まいが完成するのだそうです。住む人のライフスタイルを演出することが、東京組の仕事だといいます。東京組では、顧客に対して外部の建築士がデザインすることをしっかり説明してくれます。それだけでなく、どのようなオリジナルの建材が使われるか、そしてどのような設備がつくかをしっかり解説してくれます。そこから、こんな家をつくりたいという希望をヒアリングすることで、住宅づくりが進行していくそうです。

東京組の商品と顧客の考えが合致して、はじめて理想の家づくりの核となるデザインが完成するといいます。東京組で提示したデザインに満足していただければ、そこから契約をして、事前調査などを完了させた上で着工へと移るようです。東京組では他社では提供できないような、魅力的なデザインの住宅を提供してきた実績があります。これも様々な建築家と提携しているからこそ、自社だけでは考えられないような発想で、家族みんなで幸せに生活することができるマイホームを販売できているのでしょう。そして、多くの顧客が満足・納得の住まいを作り上げ、充実した生活を送っているのだそうです。

魅力的な集合住宅を販売している東京組

人口が多い東京では、マンションやアパートで生活をしている人が多いです。その中で、都内でマイホームを建てたいという夢を叶えている人もたくさんいます。それぞれの住宅メーカーもあらゆる商品を提案しながら、マイホームを建てたいと思っている顧客と向き合っています。都内を中心に地域密着型で住宅を提供している東京組は、自社で販売している住宅の断熱性を高め、効率的な冷暖房や換気など提案してきた実績があります。各住宅メーカーもエコ住宅の販売に力を入れていますが、東京組では太陽光発電を中心に、電力をつくるための機器を組み合わせて提供する、ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)を提案しているようです。

ZEH住宅で実現するのは、夏は涼しく冬は暖かい住まいだそうです。季節に関係なく、自宅にいる限りいつでも快適に生活できるように、東京組では様々なシステムを効率よく組み合わせることによって、エネルギー消費量をゼロもしくはマイナスにできる住宅を販売。また都内で住宅を販売するときに断熱性能は欠かすことができないツールです。都心部の夏は暑い日が続くので、新築の場合には外皮性能が重要となってきます。東京組は住宅販売するエリアを、都内に絞って販売しています。建物が密集している都内だと住宅を建てる場合は敷地が限定されてきます。また建てるのに不向きな土地でさえ人が住める建築にしていきます。そんなに広い土地を確保できないため太陽光発電システムを設置できない住宅もあります。

そのため設備の充実を図るだけでなく、断熱性にこだわり屋根や外壁に断熱材を導入しているそうです。また、窓のサッシを二重にすることで、さらに高い断熱性を実現しているそうです。ZEH住宅は魅力が多く詰まっています。冷暖房や換気、照明などにもこだわりを持って、商品開発が行われているといいます。この企業努力は戸建住宅だけでなく、東京組が力を入れている集合住宅の販売にも活かされているのだそうです。人口が多い東京では、マンションやアパートの需要が高いです。入居者が快適に生活することができる、魅力的な集合住宅を手がけているようです。

集合住宅では住宅のオーナーにも安定した家賃収入を得てもらうための、充実したサポート体制が見られます。オーナーが所有している土地活用のコンサルティングから手がけ、途切れることなく顧客に入居してもらうための指導なども行ってくれるそうです。また、入居後、退室後のアフターサービスなども東京組の長年のノウハウでしっかりサポートしてくれるといいます。東京組の中でも販売実績が多い、都内の閑静な住宅地の雰囲気にぴったりな、入居者にもオーナーにも価値がある集合住宅を提案しるのだそうです。顧客に提案する集合住宅は、敷地対応力、構造対応力、デザイン力に優れているといいます。

東京組が手がける集合住宅

東京都内を中心として、多くの注文住宅やデザイン住宅を販売してきた実績がある東京組は、現在集合住宅の施工も手がけています。東京は人口も多いため、集合住宅の需要があります。だからこそ、入居者が快適に生活することができる集合住宅を提供してきたのでしょう。東京組が販売している集合住宅は、ただのアパートではないといいます。提携している多くの建築家がデザインした、住宅デザインは住む場所を探している人にとって魅力的な要素になるでしょう。洗練された外観は、おしゃれでかっこいいデザインのものばかりだそうです。

東京組が手がけている集合住宅に住みたいと思わせる様々な要素があるからこそ、集合住宅のオーナーも安定した家賃収入を得ることができます。東京組の住宅は入居者のことだけでなく、オーナーにも目を向けて、万全の体制でサポートしてくれるのだそうです。初心者でも安心して経営できるように、土地活用のコンサルティングから、入居後のアフターサービスまでサポートしてくれるといいます。東京という大都市の中の閑静な住宅地に溶け込む、魅力的な集合住宅を提供している東京組は、販売している集合住宅の構造にもこだわっているそうです。特に力を入れているのが、火災を最小限に抑える取り組みだといいます。

地震だけに留まらず安心設計にこだわっている東京組では、木造構造で心配する顧客も多い耐火性能に関しても実績があります。顧客に対し、自信を持って提供できる木造耐火住宅が取り扱われているといいます。東京組が住宅を提供する都市部は、建物が密集しています。これらの地域では、防火地域などが指定されています。この地域に住んでいる人は、建築基準法に準じて基準を満たす必要があります。東京組が提供する木造耐火建築物は、万が一の火災が発生したときも、延焼を最小限に抑える対策を講じています。

東京組で提供している木造耐火商品は、工期が短くて建設時のコストも安い特徴があるのだそうです。鉄筋コンクリート造は、工期とコストがかかってしまいます。木造の住宅は建物自体が軽いため、基礎補強をしなくて済む場合があります。また、都市部の密集した地域でも住宅を建てられるように、様々な悪条件の土地にも対応できる柔軟性が強みだといいます。木造の住宅は、組み立てや施工がしやすいメリットがあるのだそうです。いかにコストを抑えて集合住宅を提供するか、この課題を企業努力によって解決してきた実績があるといえるでしょう。これからも東京組は、集合住宅の販売を通じてオーナーと入居者にとってプラスになる要素を提案してくれるのではないでしょうか。

東京組のこだわりとサポートサービス

東京には多くの住宅メーカーがありますが、建築士と提携しながら、様々なデザインの注文住宅を提供することができるメーカーとして知られているのが東京組です。地域密着型の住宅メーカーとしてのこだわりがあるようです。より良い住宅づくりを行っていくために、建築士が手がけるデザインだけでなく、施工する際にこだわりの建材を使っているところも、支持されている理由のひとつでしょう。1993年に設立されてから、東京都内を中心に多くのデザイン住宅を提供してきた実績があります。顧客が求めているものは何かを十分に理解しながら、提携している建築士と連携を図っています。本当に顧客が満足と納得できる、魅力的な住宅を販売してくれることでしょう。

東京組では、木造の住宅が提供されています。東京都内に住んでいる顧客に注文住宅やデザイン住宅を提供するため、火災に強い木造耐火の構造にこだわっているのだそうです。木造だと、火災が起こったときに一気に火が広がってしまい、かえって危険ではないかと感じている人もいるでしょう。東京都内の密集地で火災が広がってしまえば、大変な事態となります。そのような問題を解決するために、東京組では企業努力で真剣に火災と向き合ってきたといいます。東京都内の密集地であっても、顧客の大切な財産を守るために、オリジナルの耐火構造の住宅を提案しているそうです。

耐火構造の住宅を建てたら、点検サービスを実施してくれるそうです。東京組では、提供した住宅に安心して末永く住んでもらえるように、アフターメンテナンスサービスを充実させているといいます。東京組では、家を長生きさせるために、住宅メーカーとして何ができるかを考えてくれています。顧客に住宅を販売したら終わりというわけではありません。東京組では、住宅を提供してからもサービスは続きます。末永く顧客と向き合いながら、アフターメンテナンスサービスを通じて、長期間顧客の大切な財産を守り続けてくれるのです。

東京組は優れたデザインの住宅を販売している住宅メーカーですが、多くの顧客に支持されているのはこうした様々な魅力的な要素があるためでしょう。より良い住宅づくりを行うためにはどうすれば良いのかを常に考え、可能な限り提携している建築家のセンスをうまく取り入れて住宅を販売しているのだそうです。全てを建築家に任せるのではなく、東京組が考える様々な技術やサービスも取り入れながら、顧客が末永く幸せに暮らせる住宅を提供しているのだそうです。そしていつまでも、顧客がどのような状況であっても安心して暮らせる住宅を提供することを、東京組は使命にしているといいます。